デジタル社会を⽣きる現代の⼦供たちが、

⾝近な公園や⾮⽇常の⼤⾃然に⼊り

健全なココロとカラダを⼿に⼊れるアウトドアスクールです。

外あそびを通じて、⼦供たちの⾃⼰成⻑を促します。

⻑年のノウハウに基づいた「本物」の野外活動プログラムを提供します。


❸つの目標

規則正しく

共に決められたことを守り、アウトドアでの安全管理の意識を高めます。また日常の規則正しい生活を目指します。

生きる力

自然相手の活動は、子供達の身体と心を鍛え、逆境を乗り越え、生きる勇気が育ちます。その勇気が、自己成長の原動力となります。

思いやりの心

リアルなコミュニティで、子供達が共に学び、成長し合える環境の中で協調性を身につけます。また地球への思いやり(環境保全)も学びます。

スクールは礼に始まり礼で終わります。
礼儀正しく、自ら大きな声で挨拶がまずは目標!

インドア
ボルダリング


ボルダリングジムを使い、楽しくルート課題に向き合いながら、体⼒や⾝体機能を向上させます。仲間との助け合いの精神も育ちます。

インドア
体⼒・機能トレーニング


バランスボールやロープを使い、体⼒やファンクショナル(機能)トレーニングを実施します。⾃分の⾝体を使い、不安定な場所・体勢で多くの関節を同時に動かしていくトレーニングです。

キッズヨガ


インドアやアウトドアで、インストラクターと⼀緒にKIDSヨガをおこないます。体⼒だけでなく集中⼒も向上、⼼のストレスも解消されます。

アウトドア
体⼒・機能トレーニング


公園のベンチや遊具、⾃然フィールドを使い、楽しく、体⼒やファンクショナル(機能)トレーニングを実施します。⾃分の⾝体を使い、不安定な場所・体勢で多くの関節を同時に動かしていくトレーニングです。⼼のストレスも解消されます。

サバイバル教室


アウトドアや災害時に生きるための知識や技術を学びます。地図の読み方・コンパスワークから、火起こし、飲み水をつくること、ロープワーク、テント張りなど、また生物多様性、地球環境保全についての知識も学びます。

外あそび


公園や地域の⾃然を使った外あそびです。SUPや釣り、スラックラインやディスクゴルフやアルティメット、タッチフット、かくれんぼやハンティングゲームなど、季節に合わせて、楽しく実施ます。

ウォータースポーツ


年に数回は、海や川、湖などの⼤⾃然に出かけ、サーフィンやSUP、カヤック、オーシャンスイムなど実施します。ガイドと⼀緒だから安⼼、⼀⽣忘れない感動体験を得ることができます。
※現地までの交通費や特別ガイド料など、別にかかる場合もございます。

マウンテンスポーツ


年に数回は⼭岳エリアに出かけ、登⼭やMTB、クライミング、オリエンテーリング、など実施します。ガイドと⼀緒だから安⼼、⼀⽣忘れない感動体験を得ることができます。
※現地までの交通費や特別ガイド料など、別にかかる場合もございます。

ライフセービング


⼼肺蘇⽣法、傷の⼿当、運搬法、救助法、災害時の危機管理など、ライフセービングの知識、技術、哲学を学びます。

    料金に含まれるもの

    ⭕️ ガイドインストラクター料

    ⭕️ 施設使⽤料
     (ロッカーシャワー・ボルダリングジム・ヨガスタジオ・ラウンジ)

    ⭕️ スクールで使⽤する備品
     (ヨガマット・ウェットやライフジャケット含)

    料金に含まれないもの

    ❌ 現地までの交通費

    ❌ 駐⾞場代

    ❌ 障害保険

    ❌ 着るもの・履くもの

    その他

    ※傷害保険はフロントでもご加⼊可能です。

    ※開催する曜⽇は、地域クラブによって異なる場合もございます。詳細は地域クラブのWEBサイトをご確認ください。

    ※登録料は、地域クラブによって異なる場合もございます。詳細は地域クラブのWEBサイトをご確認ください。

    開催場所や集合・解散は、クラブとなります。

当日の流れ

遠藤⼤哉 Hiroya Endo

ヘッドコーチ (スポーツ科学博⼠)

略歴1968年東京都狛江市⽣まれ、早稲⽥⼤学⼈間科学部スポーツ科学科助⼿を経て、現在東京⼯科⼤学特任准教授。また⽇本体育⼤学、神奈川⼤学⼈間科学 部、東海⼤学海洋学部、江⼾川⼤学社会学部講師。専⾨は、野外教育、スポーツ教育学、地域スポーツ。⽇本体育⼤学⼤学院卒業後、ニュージーランド単⾝留学。エベレスト初登頂者エドモンド・ヒラリー卿が主催する野外学校The sirEdmund Hillary Outdoor Pursuits Centre of New Zealandで約1年間ボランティアスタッフとして勤務。帰国後⼤学助⼿の傍ら、2001年12⽉3⽇、冒険やスポーツを応援するボランティア団体、NPO法⼈バディ冒険団を設⽴、理事⻑に就任。現在、NPO法⼈マリンオーガニゼーション理事、湘南オープンウォータースイミング副実⾏委員⻑。⽇本体育⼤学ライフセービング部監督。1991年全⽇本ライフセービング選⼿権⼤会パドルボード1位、1991年全豪選⼿権⽇本代表選⼿として参加、2005年〜2008年ライフセービング⽇本代表監督。2000年レースレイドゴロワーズチームイーストウィンドアシスタント、2001年ニュージーランドコースト・トゥ・コースト出場。

【資格】

・⽇本ライフセービング協会認定サーフライフセービングインストラクター(1991〜)

・Surf Lifesaving Australia認定サーフコーチレベル2(2009)

・⽇本キャンプ協会認定キャンプインストラクター(2010〜)

・全⽇本スキー連盟公認準指導員(2016〜)

・International Surfing Associationサーフコーチレベル2(2020〜)


箭内洋平 Yohei Yanai

コーチ

学生時代にクライミングと出会いのめり込む。
日本のクライミング文化だけではなく世界のクライミング文化に興味を持ちはじめ、1年間オーストラリアに住む。
近年競技化が進む中でおおよそ20カ国以上のクライマーと出会い一緒岩場生活を送るうちにクライミングはもっとラフで自由で良いんだなと肌で実感。
クライミングと並行して学生時代からピラティスやコンディショニングを勉強し、怪我のないクライミングライフを目指す。

みなさんへ
子供の気持ちになって壁登りしてみませんか?
誰でも夢中になって楽しめるから気づいたら心地よいトレーニングになりますよ!
終わってからのご飯やヨガ、ウォーキング、ショッピング
みなさんの生活が有意義に送れるようにボルダリングを通してのんびり身体動かしませんか?
お待ちしております!

【資格】

・BESJマットピラティスベーシック